京阪空調工業株式会社

技術で支える京阪空調工業 技術で支える京阪空調工業

今日の日本経済はさまざまな分野で、省エネ技術・地球温暖化対策等技術革新や需要構造の 転換によって、変化し続けています。

そしてこの変化を適確に把握し、市場ニーズに応えることが、私たち企業に要求されています。

京阪空調工業は空調・冷蔵設備の販売、施工を目的として京都に創設され、常に高温領域から、低温領域に至るトータルな「設備」の提案を、高度な工事力と行き届いたサービス体制で 行ってきました。

京阪空調工業業務図

社名 京阪空調工業株式会社
本社 京都市山科区勧修寺東出町28番地 
TEL.075-573-3111 FAX.075-573-3114
大阪営業所 大阪市淀川区西中島6丁目6番6号NLC新大阪11号館601号室
TEL. 06-4805-7171 FAX.06-4805-7191
資本金 2000万
創業 昭和47年3月
設立 昭和57年5月
代表取締役 植本宏志
事業所許可
  • 建設業許可 管工事業・電気工事業(特-26)第11952号
  • 冷凍空調施設工事事業所 26-A-24
  • 高圧ガス機器製造事業所
  • 高圧ガス販売営業許可事業所
  • 第一種フロン回収業者登録
    • 京都 (登-14)第2610152号
    • 滋賀 25A02030191
    • 大阪 (登一回)242号
    • 奈良 290210141
    • 兵庫 第281000035号
  • RRC冷媒回収事業所認定
取引銀行
  • 京都銀行 山科中央支店
  • 京都信用金庫 山科支店
加盟団体
  • 近畿冷凍空調工業会、正会員
  • 日本冷凍空調設備工業連合会、正会員
技術者構成
  • 一級管工事施工管理技士
  • 二級管工事施工管理技士
  • 二級冷凍空気調和機器施工技能士
  • 第一種冷凍機械作業主任者
  • 第二種冷凍機械作業主任者
  • 第三種冷凍機械作業主任者
  • 第一種冷凍空調技士
  • 空調設備士
  • 冷媒回収技術者
  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 第三種電気主任技術者
営業内容 空調設備、冷凍・冷蔵設備、窓断熱コーティング、クリーンルーム設備、冷蔵ショーケース設備、恒温垣湿設備、店舗内装工事、空調・冷蔵設備の保守管理及びサービス

京阪空調工業の沿革

弊社は1972年(昭和47年)に創業し、今日まで空調関連事業一筋に研鑽を続けてまいりましたが、近年、空調を核としつつ照明設備を始めとする総合設備のエンジニアリング会社としての脱皮を図っており、提案営業、設計・企画、工事施工管理、工事施工、メンテナンスまで一貫した体制で事業運営致しております。

昭和47年 3月 京都市山科区に於いて、京阪空調技研社を創設
一般建設業管工事業許可申請し、許可を受ける
近畿冷凍空調工業会に入会、正会員となる
昭和56年10月 日曜・祝日・夜間要冷機器24時間サービス体制の確立
昭和57年 5月 法人組織、京阪空調工業株式会社に社名変更、植本茂嘉が代表取締役社長に就任
昭和62年 5月 現住所に本社ビル完成移転
平成 4年 5月 会社設立10周年 創業20周年を迎える
平成11年 3月 フロン回収事業を開始
平成14年 5月 会社設立20周年 創業30周年を迎える
平成21年 5月  総合設備業としての提案力強化を図る
省エネルギー事業拡大に伴い補助金事業を開始
窓断熱コーティング事業を開始
平成23年 6月 LED事業を開始
EMS事業を開始
平成24年 5月 会社設立30周年 創業40周年を迎える
平成26年 4月 資本金2000万円に増資
特定建設業管工事業許可申請し、許可を受ける
平成27年 4月 法改正に伴いフロン法定点検事業を開始
平成28年 6月 新電力の販売事業を開始
平成29年 5月 一般建設業電気工事業許可申請し、許可を受ける
平成29年 7月 大阪営業所を開設
平成29年 8月 植本宏志が代表取締役社長に就任、植本茂嘉が代表取締役会長に就任
平成29年10月 関電ガスのアライアンス事業を開始