京阪空調工業株式会社

フミンコーティング事業 フミンコーティング事業

フミンコーティングは、
ガラス面に赤外線や紫外線を
吸収・カットする
伝導性金属酸化物をスプレーガンで
斑なく透明に塗膜を形成する
特許技術です。

暑い夏場は、外からの赤外線(太陽熱)を吸収・遮断するため室温の上昇を抑えます。

暑さのもとになる赤外線を約70パーセントカット致しますので、空調等の熱負荷を軽減してオフィスや工場、店舗の省エネとCO2削減にも役立ち、地球温暖化防止とコスト削減の両面に貢献する、環境に優しい商品です。

フミンコーティングの優れた特性

より快適な空間を構築し、
豊富な商品群と
キメ細やかな
コンサルティングサービスを
ご提供致します。

寒い冬は、暖房していても窓際は冷放射のため冷えを感じますが、フミンコーティングを施したガラスでは室内の熱(遠赤外線)を吸収するため冷放射を解消致します。その為、室内の熱が逃げにくいので暖かく結露も抑制するという優れた特性を持っています。

また、紫外線を約90%カットしてお肌の健康を守り、日焼けによる室内の変色・劣化も防ぎます。

ガ、アブ、ハチ、カメムシ等の複眼昆虫は蛍光灯の紫外線に集まる習性がある為、このように紫外線を遮断することで寄付きにくくなります。

ガラス面の遮熱塗装をされる際には、
是非ともフミンコーティングを
ご検討ください。
弊社がベストプランにて、
ご提案致します。

一方、可視光線透過性に優れているため、室外の景観や室内の明るさにほとんど影響を与えません。

フミンコーティングはガラスと同じ膨張率の為、熱割れしにくい特性と高い硬度で傷つきにくく、耐久年数は約10年。遮熱フィルムのような張替えが不要です。

室内温度が15℃、外気温0℃で施行済みのガラスはくもる程度で水滴があまり垂れません。
この結露水というものは雑菌を繁殖させたりしますので、防菌効果にも優れている事になります。